第3回日本在宅救急医学会学術集会に、当院の小林美香看護師が登壇いたしました

第3回日本在宅救急医学会学術集会が9月7日に開催され、当院の小林美香看護師が発表を行いました。

テーマは「訪問看護における急変時の対応と役割」。

 

在宅医療の現場では、ご利用者の急変時に訪問看護師が対応のファーストタッチを行なうことがしばしばです。

そのときに備え、看護師としてふだんからどのようなところをチェックしているか、主治医とどのようにコミュニケーションを取っているかなど、現場の最前線にいる訪問看護師ならでは視点で発表いたしました。

 

日本在宅救急医学会の学術集会は、回を追うごとに参加者が増えています。

第3回となる今回は、300名を超える医師や医療関係者が参加いたしました。

立ち見が出るほどの盛況で、各演者の発表後には熱心な質疑応答が繰り広げられていました。

 

「那珂・日立エリア病診連携講演会」が当院で開催されました

8月19日、当院で大塚製薬様主催による「那珂・日立エリア病診連携講演会」が開催されました。

総合司会は医療法人社団いばらき会の照沼秀也先生。当日は120名もの方にお越しいただき関心の高さが伺えました。

一般演題1は、当院の山田健史医師による「心不全の病態と管理 心不全ガイドラインも含めて」。

特別講演は、当院の小豆畑丈夫院長による「超高齢化社会における新しい地域医療のあり方~在宅医療と救急医療の連携について~」。地域医療に必須となる在宅医療と救急医療の連携についてお話いただきました。

 

猫を保護しました。飼い主募集中です!

先日、当グループの訪問看護をご利用だった方の庭先で、成猫3匹、子猫4匹を保護いたしました。じつは、そのご利用者はすでにお亡くなりになられているのですが、亡くなる直前まで、わが家に遊びに来る猫たちの行く末を心配されていました。その猫たちです。

7月16~17日に保護し、18日に土浦市内の動物病院で去勢・避妊手術を行いました。手術費用は小豆畑病院職員からのあたたかい募金でまかないました。現在、訪問看護ステーションの職員宅で元気に過ごしています。

ただいま、飼い主募集中!!
気になる方がいらっしゃいましたらぜひご連絡ください。

本サイトのお問い合わせフォーム、または下記TELまで。

029-295-6807(担当:藤原)

よろしくお願いいたします。