サービスご利用までの流れ

ご相談窓口

地域包括支援センター

~65歳以上の方の相談窓口

①地域包括支援センターとは?

65歳以上の方の介護・医療・福祉の相談窓口で、介護保険法により定められている組織です。 その名のとおり、地域の高齢者の生活を「包括的な視点」で支援していきます。 高齢者ご本人からの相談はもちろん、ご家族や地域住民のみなさまからもさまざまなご相談をいただいています。
地域包括支援センターは各市町村に設置されます。 当センターは茨城県那珂市から委託を受け、地域の相談窓口として開設いたしました。 現在、市内には地域包括支援センターが3カ所あり、それぞれが地区を分担して活動しています。 当センターの担当は「神崎・菅谷地区」です。

②支援内容

・総合相談業務

高齢者ご本人やそのご家族から受けたご相談に対し、課題を的確に把握して介護・医療・福祉の各種サービスが適切に受けられるよう必要な援助を行います。 必要に応じてご自宅への訪問も行います。

・介護予防ケアマネジメント業務

「要支援1・2」と認定された方、支援または介護が必要になりそうな方、要介護状態になるおそれのある方に対し、状態の悪化を防ぐよう適切なサービスを受けられるような支援をいたします。

・包括的・継続的ケアマネジメント業務

地域のケアマネジャーに対する個別指導や支援のほか、担当地区が高齢者にとってより暮らしやすい地域になるように、医療機関などと調整したりネットワークづくりを行ったりします。

・権利擁護業務

高齢者のお金の管理、契約内容に関して不安のある契約に対する助言・支援、頼れるご家族がいない方への必要なサービスの紹介や支援を行います。 高齢者虐待の予防、早期発見に努め、虐待が疑われる場合は市役所など他の機関とも連携して虐待事案に対応していきます。

③地域包括支援センターで働いている人(職種)

主任ケアマネジャー、保健師、社会福祉士の3職種が互いに連携しながら、一つのチームとして総合的に高齢者支援を行っています。

④居宅介護支援事業所との違い

地域包括支援センターは「すべての高齢者」を対象にご相談を受けつける組織です。 「要介護(1~5)認定」を受けた方に対してケアプランを作成するなどの支援を行う居宅介護支援事務所とは、対象となる方の範囲が大きく異なります。

 

在宅医療・介護に関するお問い合わせ

小豆畑病院在宅医療グループ  地域医療福祉連携室

アクセス・地図

TEL/029-295-2611 FAX/029-295-5022 受付時間/月~土 8:30~17:30 (日・祝日はお休みです)
住所/茨城県那珂市菅谷605

© Azuhata Hospital All Rights Reserved.

(C) Azuhata Hospital All Rights Reserved.